夢の記憶とは

自分史「夢の記憶」は、ライター編集者がお客様の所に出向いて、丁寧に取材をして、作り上げて行く少部数(基本的には5冊1セット)、マガジンタイプ、低価格のスタンダードプランに特化して「自分史」制作サービスです。

自分史とは生誕から今日までの半生を綴った自叙伝、回想録、伝記が一般的なとらえ方だと思いますが、もう少し広く考えて、あなたご自身が生きてきた時間、趣味に焦点をあてたものもすべて自分史ということもできます。
人生のー断面、幼年期、思春期、青春期、成年期、壮年期、ー熟年期、鮮烈に残っている一瞬の記憶を綴るのも、ご夫婦やご両親の思い出を綴るのも自分史です。子供の成長記録、旅行記、生活記録、闘病記、看病記録といった日々の記録もまた立派な自分史です。
趣味の写真や絵画、絵手紙、・・・随筆、短歌、俳句、川柳、詩集ほか多くの作品集も折々のあなたの心情、心象風景の記録集と考えれば自分史と言えます。
それは、あなたから次世代へのメッセージであり、生きてきた時代の貴重な「証言集」でもあります。
このたび「自分史」を手軽に、リーズナブルに制作することが実現しました。
それが「夢の記憶」です。

コメントは受け付けていません。